◎ 便利で楽しいTwitterの魅力を徹底的に紹介するよ!  ◎ 全くの初心者から、楽しくおぼえて使いこなそう!  ◎ 全てのステップを理解したらあなたはもうTwitterマスター!まだ使っていない人に教えてあげよう!

ツイッターで会話してみよう!ツイッターで会話してみよう!

それではいよいよ「ツイッターで最初につまづくポイント」である
『@返信(リプライ)』
『RT(リツイート)』
『DM(ダイレクトメール)』

の紹介だぞ。
確かに返信とダイレクトメールは何となく分かるような気がするけど、リツイートっていうのは聞き慣れない言葉ね。
実際に使ってみて覚えるのが1番早いから早速やってみるぞ。
頼むわよ、わかりやすいってタイトルで謳っちゃってるんだから。
よし、まずは『@返信(リプライ)』の説明からするぞ。
返信というと、自分に送られきたメールに対して返信する使い方が一般的だろう?しかしツイッターのでの返信は少し違うんだ。

ツイッターの『返信』は、誰が読んでも構わない「メール」とイメージしてほしい。
それって要するにツイートと一緒で、誰にでも見ることが出来るってことなのね?
厳密にいうとそうだ、後で説明するがツイッターで他人が閲覧できないのは

ダイレクトメッセージ

ツイートプライバシー の設定で、『ツイートを非公開にする』を選択している場合

この2つだけだ。
ただし、リプライの場合、そのやりとりの内容がタイムラインに表示されるのはリプライしあった両方のユーザーをフォローしている人にだけなんだ。
片方だけフォローしている場合は?
その場合もタイムラインには表示されない。
たとえフォローしている相手(Aさん)のツイートでも、自分がフォローしていない相手(Bさん)とのやりとりの場合、自分のタイムラインには表示されないんだ。

相手(Aさん)のタイムラインにはAさんのツイートは全て表示されているから、Bさんへのツイートも表示されているぞ。
では実際フォローしている人のタイムラインで見てみよう。
ツイッターで会話してみよう!
乙武さんのタイムラインね。あら、文の最初に@マークがたくさん付いてるわ。
@〜は『〜さんへの返信です』という意味だ。
なるほどこのツイートは私のタイムラインには表示されてないわね。
それぞれのツイートにマウスのカーソルを重ねると、ツイートの右上に丸矢印が出てくるから、そこをクリックしてみよう。
ツイッターで会話してみよう!
 
ツイッターで会話してみよう!
そのツイートに対して返信した全てのツイートとユーザーの情報が表示されるぞ。
ホント。これでどんなやりとりがあったのか分かるワケね。
では実際に自分がリプライする場合だが、一般的なやり方として、ツイートに対してリプライを使うというやり方を教えよう。
ツイッターで会話してみよう!
リプライしようと思ったツイートにカーソルを合わせると。上画像の赤囲みのように『返信』という文字が表示されたと思う。そこをクリックしよう。
舐めたこと言ってる奴に文句を言うわけね。
そういうことは直接会って言ってくれ。
ツイッターはあくまで公共の場なので、変に人に絡むような人は敬遠されるから気をつけないといけないぞ。
冗談よ。
じゃあここをクリックね。
ツイッターで会話してみよう!
 
別枠で返信用の画面が開いたな?そこには既に@返信相手が入力されていて、その分の文字数が140文字から引かれているな。
それじゃ返信してみるわよ?
ちょっと待つんだ。実は見落としがちなのだが、こようにリプライする場合、必ず『相手の名前の後に半角スペースを入れる』必要があるんだ。
今も名前の後にスペースが入っているから確かめてみてほしい。
ホント!最初から半角のスペースが入ってるわ。
このように文の頭に
@〜相手の名前〜半角スペースが入力されることで、ツイッターがこれはリプライなんだと認識してくれるわけだ。
そうなのね。それじゃこのスペースの後にカーソルを合わせてから文章を入力するのね。
ツイッターで会話してみよう!
これで最後にツイートボタンをクリックね。
 
そうだ、それでリプライは完了だ。やることは非常に簡単だろう?

では次が最難関『RT(リツイート)』の説明だ。
リツイートって初めて聞いたわ。
 
リツイートには種類があって、これが初心者の方には取っ付きにくいと言われているな。ここでは1番ポピュラーな2種類のリツイートを紹介しよう。
いい?簡単によ?約束したわよね。
 
まずは普通のリツイート、『公式リツイート』と呼ばれるものを紹介しよう。
140文字以内で。
 
っ!公式RTとは、誰かに知らせたい!と思ったツイートを、アイコンやユーザー名もそのままに自分のツイート一覧に転記する事だ。そうする事によって、自分のフォロワーに気になったツイートを、原文のまま紹介する事が出来るという仕組みだ。ちなみにフォローしてないユーザーのツイートもRTできるぞ!
やればできるじゃない。
 
やり方は簡単、リプライのときと同じようにカーソルを気になるツイートに合わせて、表示された『リツイート』をクリックだ。
ツイッターで会話してみよう!
 
するとリツイートしたツイートの左上に三角形のマークが表示される。
ツイッターで会話してみよう!
 
これでリツイート完了だ。自分のホーム画面へ戻ってタイムラインを確認してみよう。
ツイッターで会話してみよう!
 
私のタイムラインにさっきのツイートが表示されてるわね。
そうだな。このリツイートしたツイートが自分のフォロワーのタイムラインにも表示されるんだ。
なるほどね。これくらいなら簡単だわ。
次は『非公式リツイート』というものを紹介しよう。
非公式なんていうとなんだか悪い事しているみたいで嫌だわね。
非公式リツイートというのは、人のツイートに自分のコメントを足してツイートする事をいうんだ。
リプライと違って誰とどんな内容のツイートをしたのか明確になるのが特徴だ。
さっきのリツイートのように私のフォロワー皆が見れるのね?
そうだ、実際に使ってみるのが1番説明しやすいな。
かかってらっしゃい。
ツイッターで会話してみよう!
 
今回は試しという事で、このツイートに対して『非公式リツイート』をしてみるぞ。
ツイッターで会話してみよう!
 
まず本文のみをコピーして、ツイートを書き込むスペースにペーストしよう。
ツイッターで会話してみよう!
 
次に、文章の頭にカーソルを合わせて、『RT』『半角スペース』『@返信相手』『:(コロン)』『半角スペース』の順に入力するんだ。
これが「@〜さんのツイートのリツイートです」という意味になる。
そうしたら再びカーソルを文章の頭に戻して、そのツイートに対するコメントを書き込みんだ。
ツイッターで会話してみよう!
 
こんな感じかしら。
いいぞ、ではツイートボタンをクリックだ。
ツイッターで会話してみよう!
できたわ!この程度で最難関とは片腹痛いわ!
 
これと同じツイートが相手のタイムラインにも表示されているはずだ。手順が面倒なだけで慣れてしまえばどうってことはないだろう?

さて、長くなったが残るはDM(ダイレクトメール)だけだな。
もういいわよ、疲れたし。
誰にも見られない直接メールみたいなものでしょ?
 
そ、そうだ。
だがひとつだけ、このDMはフォロワーにしか送れないということだけ覚えておくように。

また、フォロワーであれば、相手のメールアドレスを知らなくてもメールのやりとりができるところが利点だということも覚えておこう!
ツイッターで会話してみよう!
 
使い方は、フォロワーのプロフィール画面等で表示される、赤囲みのようなボタンをクリックすればDM用の画面が開くのでツイートと同じように使用すればいい。
楽勝ね!
 
それはよかったな。よし、次が最後のステップだ。ツイッターの使うと便利な機能を紹介しよう。

誰にでも分かるやさしいはじめての簡単twitterの始めかた入門ガイドライン

友人に紹介する